スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーディング規約

http://source.android.com/submit-patches/code-style-guide


色んな書き方が出来るというのは悪くはないと思うんですが、

読むほうからすると、ルールが違うと大変なわけで。

Rubyなんて情報の数でカバーしていますが、その点では個人的にはいまいちです。


その辺から、情報を集めることに注目すると、

ある程度作法にのっとっていて、読むほうに翻訳努力をさせないというのは大切だと思います。


少ない情報の中でも違う(風に見える)事書いている。とか、読めないとか。

これ最悪のパターンだと思われます。


それを避けるためにもコーディング規約があるといいなぁと思っていたら

あったみたいです。

twitterにて@jingbayさんに教えていただきました。


何はともあれ、ある程度ルールにのっとらないと、

いろいろ大変ですね。

Activity兼Listenerって個人的には不思議なんですよね。

Activityを継承しているのに振る舞いでListenerって。


しかも、thisなんて結構多用してたりすると、どっちとしての動作かわからん。


まぁその辺とか、

匿名インナークラスの多用とか読みにくいかも・・・とか思うようなあたりも含めて

確認してからルール守れたらなぁって思います。


ひょっとしたら上の違和感ってのもルールどおりなのかもしれないですけどね。


追記

和訳

http://www.textdrop.net/android/code-style-guide-ja.html

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
アプリ一覧
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。